賃貸マンションの水漏れ修理、トイレつまり等の水道トラブル対応について

水道修理

 持ち家の場合、水道も含めて住宅設備は自己管理になるので修理業者は自分で探せば何も問題はないのですが、マンションやアパート等の賃貸住宅の場合少し事情が変わります。慌ててご自身で業者を手配して損してしまうこともあるのでご注意ください。

 賃貸住宅の場合、建物自体はもちろん、住宅設備も通常はオーナーの所有物です。そのため、管理するのも大家さんまたは不動産管理会社になります。水道から水漏れしている場合、それを直すのは所有者の責任であるというのが原則なのです。


 だから管理会社に相談していれば入居者は修理料金を負担せずに直してもらえたのに、入居者が自分で業者に依頼して直してしまうと自己負担になってしまうことがあります。大家さんとしても、もっと安い水道屋、腕の良い業者がいるからそこに依頼したかったなどの事情があるようです。

 ただ、最近は蛇口の交換は入居者負担と賃貸契約書で定めているところが増えてきています。本来は蛇口も含めて賃貸人が費用を負担するものなのですが、契約書で別途特約を定めていれば賃借人の負担とすることもできるのです。また、トイレつまりや、台所、浴室、洗面台などの排水つまりは従来から入居者負担であることが多いです。何かが詰まっているわけで、その何かを流したのは入居者なのだから入居者に負担であるという考えからです。一度ご自身の賃貸契約書を確認していただければ費用負担がどうなっているかわかると思います。

 賃貸契約書で入居者負担となっている修理であっても、場合によっては大家さんが料金負担してくれる場合があります。家をいじるような修理が必要になる水漏れ修理やつまり抜きなどが必要なときは一度管理会社にご相談いただくのが最善です。その上で、管理会社やオーナーの方では対応できない、というときはご自身で水道修理業者を探せばいいと思います。費用は入居者負担になるが、業者の手配は管理会社がしてくれる、という場合であれば、一度見積もりをしてもらって他社と料金や修理内容を比較して検討すればいいと思います。

 とにかく戸建ての借家であれマンションやアパートなどの集合住宅であれ賃貸住宅にお住まいの入居者の方は、水漏れ修理やつまり修理などを水道修理業者に直接依頼するのではなく、まず最初に大家さんまたは管理会社にご相談ください。管理会社の方で対応ができないようであれば、私たち兵庫水道修理職人連合にご連絡いただければ適切な業者または窓口をご紹介させていただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました