水漏れ修理トラブル:修理・交換した蛇口・配管から再び水漏れ

水道修理

 ご家庭の水回りで水漏れが発生した場合、基本的には水道修理業者に依頼されると思います。適正料金でできるだけお得に修理してもらうためにも数社に見積もりをしてもらって慎重に検討する必要があります。ただ、水漏れ修理にあたって考えるべきは料金だけではありません。水道修理は誰がやっても全く同じというわけではないのです。

 兵庫水道修理職人連合に寄せられたご相談の中に何度もあるのが、水道修理業者に依頼して水漏れ修理をしてもらったがすぐにまた水漏れし始めたというご相談です。蛇口から水漏れするのでパッキンを替えてもらってすぐは大丈夫だったがほんの数日で再び水漏れしはじめた、というような場合、様々な原因が考えられますが、大体は二つの原因のどちらかです。一つは、どんなに修理しても直らないほど蛇口本体が経年劣化している場合です。機器自体の寿命ということです。もう一つは、その業者の修理の腕が悪く、分解後の組み立てが上手くいっていないという場合です。

 蛇口、アングル止水栓、配管、その他水道設備には絶えず上水道の水圧がかかっています。かなりの年数が経つと水圧によって摩耗したり、錆や汚れが内部に堆積してパッキンでは完全に止水できなくなってしまうことがあります。そうなった場合は、機器の寿命なので本体丸ごとの交換が必要になります。

 それに対して、再故障の原因が修理業者の技術不足にある場合もあります。パッキン交換のために分解した機器は元通りに戻さないといけませんが、ねじ部分が上手くかみ合っていなかったり緩すぎたりするとわずかな隙間から水漏れします。逆に水漏れが心配で強く締め付けすぎても、パッキンを痛めてしまい短期間での水漏れの原因になります。また、接合部分が固着していて分解できない場合、潤滑剤等を使ったうえで目一杯力を加えるのですが、上手くやらないと部品に負荷がかかり水漏れの原因となります。

 水漏れの原因が、機器の寿命によるものなのか、修理業者の技術不足によるものなのかの判断は専門業者にとっても難しい場合があります。ましてや普段水回りの修理や工事を行うことのないお客様にとっては、正しい判断は難しいと思います。水漏れ修理をしてもらって程なくして再び水漏れし始めた場合、その修理業者に相談されると思いますが、きっとその業者は機器の寿命なので本体ごと取り替えないといけないと言うでしょう。本当に機器の寿命であることも多いですが、修理が上手くできていないこともたまにあります。その修理作業をした人間にしかわからない部分もあるので、その業者の言うことを信じるしかありません。

 だからこそ、水道修理を依頼するときには、慎重に業者選びをするべきなのです。ただ、どんな業者がいいのか、どこを見て選べばいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。選ぶ基準としては、お住まいの地域の指定給水装置工事事業者であるか、悪い口コミや評判がネット上にないかで調べればいいと思います。その上で数社に見積もりを依頼して対応の良さと料金で総合的により良い業者を選ぶのが確実です。

 まず水漏れ修理に対応してくれる水道屋を探すときは、その水道修理業者がお住まいの自治体の指定給水装置工事事業者であるかを確認すべきです。パッキン交換等の軽微な工事を除いて、指定給水装置工事事業者でなければ水道工事を行ってはならない旨各自治体の条例にて定められています。ぼったくり等で問題になっている業者の多くは指定給水装置工事事業者であることが多いので、この指定を受けているということが善良な業者であるという証明にならないことは明らかですが、技術的な面では一定の水準にあると言えるのではないでしょうか。

 次に、業者の口コミ、評判についてですが、会社名や屋号でインターネット検索をかけてみれば、その会社の評判や口コミを見ることができます。口コミは100%正しいわけではないので注意が必要ですが、たくさんの悪い口コミや苦情の類が見受けられる場合はその業者が何かしらの問題を抱えている場合が多いです。逆にとても良い口コミは、業者による自作自演や依頼された口コミの場合があるので、悪い口コミほどは参考になりません。

 ランキングサイトなどで、地域の水道修理業者の一位から紹介するランキングなどがありますが、あれはほとんど嘘です。業者自身が作成して自社を一位にしている自作自演であることもありますし、広告会社が修理業者から報酬をもらってその会社を上位に表示しているということもあります。実際そのランキングには何ら客観性もなく何を基準に順位を決めているかも不透明ですし、要は特定の業者をお勧めするために広告なんです。そのランキングが信用に足るものかは、運営会社を確認すればわかります。大企業や公的団体が運営しているならまだしも、中小企業や個人事業主がやっているサイトであればほとんどのランキングは嘘です。しっかりとランキングはランキングとして客観的に、広告は広告として別枠に掲載するなど真っ当に運営しているサイトであれば信じていいかもしれませんが、そういうサイトはあまりありません。

 また、料金については高すぎず安すぎない業者を選ぶべきです。水漏れで困っているときはとにかく漏水を止めてくれればいい、そしてできるだけ安く済ませたいと考えがちですが、落ち着いて冷静に考えるべきです。ぼったくりのような高額な請求をする業者を相手にしてはいけないことは言わずもがなですが、あまりに安い料金を提示する業者にも警戒すべきです。支払総額の料金が5000円などで済むという業者は、後からそれ以上の金額を請求してくるか、5000円なりのそれなりの仕事しかしてくれないかのどちらかです。

 後から請求してくるタイプの業者は、5000円でいいよと言って、蛇口の修理なら蛇口を分解したり、トイレつまり修理なら便器を取り外したりしてから話を変えてきます。設備が特殊な形状だとかおびただしい量のつまりがあるだとか適当なことを言って配管工事がいるので5万円かかる、高圧洗浄車を手配するので10万円かかるなど、最初の5000円とは比較にならないほどの追加料金を求めてきます。それを断ると、ふてくされた態度で蛇口や便器など外したものをそのままで放置して帰るのです。私たち兵庫水道修理職人連合にもそのような業者の被害に遭ってご相談いただく方がいらっしゃいます。現場に行ってみると洗面台下の排水管が分解したままで置いてあり、お客様に聞くと前に来た業者が放置していったとのことで信じられない思いでした。

 実際に総額5000円で済む業者の場合、ほとんど何もしてくれないということが多いです。水漏れしているところのナットをモンキーレンチで少し増し締めするだけの1分の作業で終わらせたりホームセンターに売っているようなラバーカップで数分間シュポシュポするだけだったりです。そのような応急処置や半端な作業では、肝心の水漏れやつまりがそれでは直らなかったり、一時的には直ってもまたすぐ再発したりします。結局別の業者を呼ぶことになったら時間もお金も労力も無駄になってしまいます。安ければいいというものではないのです。

 水道や蛇口からの水漏れ、トイレのつまり、台所、お風呂のつまりなど水回りのトラブルでお困りの方は一度私たち兵庫水道修理職人連合にご相談ください。業者選びについてのアドバイスや良心的な職人さんのご紹介などご対応可能です。

タイトルとURLをコピーしました